通勤時の防寒に手首ウォーマーが良い感じでした

今年は寒かったですね。想定外の寒さで、例年どおりの服装では間に合わない感じでした。結構着込んでいる上に体型も太めなのでもう一着来てしまうとパンパンになってしまいます。

そんなに寒くなる日があるわけではないので、わざわざ防寒に優れたコートを買い足すのももったいない。どうにかならないかと考えた結果、コートの袖口から冷気が入ってくるのをどうにかすれば良いのではないかと思いました。

コートによっては袖口が絞れるものもありますが、大抵のコートは袖口から冷たい空気は入ってきますよね。

そこで、手首ウォーマーを袖口に突っ込んで、冷気をシャットアウトしてみました。

これは正解でした。

見た目もセーターの袖口が出てるくらいな感じで違和感はさほどないと思います。

もう一枚着込んだり、防寒に優れた分厚いコートを買うほどではない位の時には、かさばらないので試してみてはどうでしょうか。

広告ですが、こんなやつです。

さくらインターネットの「バックアップ&ステージング」機能を使ってみる

一月にリリースされた「バックアップ&ステージング」機能を使ってみました。どういったサービスなのかは、サービス名からも一目瞭然ですが、さくらインターネット公式のページへのリンクを貼っておきます。「お知らせ」は短くまとめられているので、概要をつかむためにはそちらを読んでみるのが良いでしょう。

ステージングというのは実際に公開されている環境に変更を適用する前に確認ができる環境です。ワードプレスだったらアップデートやプラグインのチェックなどが事前に確認できる、ということになります。しかも、今回追加された機能は、ステージングに問題がなければそのままステージング環境の中身を1クリックで本番環境にリリースできるそうです。なかなか便利なものだと思います。

「お知らせ」にも書いてあるように、データベースはワードプレス以外はバックアップ(スナップショット)の対象とはなりません。さくらインターネットのコントロールの左メニューから「バックアップクイック作成」をクリックだけで、簡単にwww以下のバックアップは作れますが、データベースはバックアップされませんので、いつものように (?)データベース管理ツール(phpMyAdmin)からバックアップしましょう。

さて、データベースがバックアップされるのがワードプレスだけなので、ステージング機能というのもほぼワードプレス専用といった感じです。

たしかにステージング環境へは直接ファイルやデータベースの値を置換しているようなので、自作のアプリケーションなんかはまず無理ですね。

なお、ステージング環境のファイルの編集は、ブラウザのファイルマネージャーからでないと出来ないようです。