2019年に初代iPad(iOS 5.1.1)にアプリをインストールして使ってみる

なんか、小さい文字が見えにくくなってきました。歳ですね👴。サイトやYoutubeを閲覧するのにスマホだと不便を感じてしまいます。そこで、放置されていた初代iPadを使うことにしました。しかし、初代iPadは iOS 5.1.1 までしかアップデートされませんでしたので、新しいアプリがインストールできません。SafariでYoutubeが閲覧できるくらいです。ウェブサイトも新しめのサイトはSafariが落ちます。以前インストールしたことのあるアプリはインストールできるようですが、最新版をダウンロードするようメッセージが出て先に進めないものもあります。

まあ、ある程度サイトが閲覧できてYoutubeも観れれば十分なのですが、ちょっと欲を出して新たにアプリがインストールできないものか調べてみました。

まずは、検索語を「初代 iPad アプリ」などとして検索ましたが、あまりよさそうな情報が得られませんでした。そこで「iOS 5.1.1 apps」というふうにして海外の情報をあてにしてみると、次のようなサイトが見つかりました。ちなみに検索エンジンはブラウザのデフォルトの検索として設定されていた DuckDuckGo とかいうサービスを使っています。

古い iOS バージョンで更新が止まっているアプリをGoogleの検索機能を使って発見しようということのようです。なるほどそういう考え方もあるのですね。今回はこれを使わせてもらうことにしました。

但しアメリカのアップルストアを検索しているようなので、Googleの検索結果ページの検索語のフォームの中を、

site:itunes.apple.com/us/

から、

site:itunes.apple.com/jp/

に変えます。あとは、ゲームを探したい場合は、追加で games といったキーワードを入れて次のようにします。

site:itunes.apple.com/jp/ “requires ios 2.0|2.1|2.2|3.0|3.1|3.2|4.0|4.1|4.2|4.3|5.0|5.1” games

他にも下のようなカテゴリーがあるようです(下で紹介するfindoldapps.comによると)。

Books
Business
Catalogues
Entertainment
Finance
Food & Drink
Games
Health & Fitness
Lifestyle
Medical
Music
Navigation
News
Photo & Video
Productivity
Reference
Social Networking
Sports
Travel
Utilities
Weather

ただ、しばらく検索しているとGoogleから不正な利用(過度の利用も?)が怪しまれて、「バイクの画像はどれだ?」などというテストが課せられてしまいます。その際、初代iPadのSafariだとまともに対応できませんでしたで素直に日を改めて検索するようにしています。

また、

という、古いバージョンのアプリを探せる専用のデータベースを提供してくれているサイトなどもあるのですが、日本のApple Storeに対応してくれていません。だれか作って欲しいものです。

ひとまず、暇つぶしのゲームやファイル共有などのアプリを探してみることにします。

以下に、古いiPad、iPhoneを復活させてみようという人に役に立ちそうなサイトのリンクを挙げておきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です