親指シフト残念配列

親指シフト入力をご存知でしょうか。まあほとんどの方は知らないと思いますが、説明は省かせてもらいます。今回は親指シフト入力を知っている方だけが分かる話です。

私は親指シフト入力をするときにEmacsのDDSKK-NICOLAモードを使っています。それ以外ではローマ字入力をしています。Emacs以外で長い文章を書くこともあまりありませんし、とにかくEmacsさえインストールすれば、OSが違っても同じ操作で入力出来るので気に入っています。

さて、私が使っている「親指シフト残念配列」とはどういうものかと言うと、濁音や半濁音を2打鍵で入力してしまうという非常に残念な配列です。それをやったらもはや親指シフト入力ではない、と言う人がほとんどかも知れません。

実は2打鍵で濁音、半濁音を入力する機能というのはこのDDSKK-NICOLAに初めから実装されているものです。(勘違いでした。半濁音の「 ゜」はomeletでは左親指キーとのクロス打鍵時。2018/4/12)

私はskk-omelet-jis.elをカスタマイズして使っていますが、はじめから「 ゜」や「 ゛」が単独で配置されていました。それに気付いたとき、「もう、いいやこれで。」と思ってしまいました。

ということで、普通は親指シフトとクロス打鍵で出力する濁音、半濁音を潰してしまい、クロスで打っても同じ側の親指で打った文字が出るように改変してしまいました。半濁音は全角のピリオド「.」(単独打鍵時のzの場所)にアサインしました。(「半濁音〜」は2018/4/12に追記)

残念なことです(笑)。しかし実際、親指シフトに適したキーボードってなかなか無いですよ。ノートパソコンやMacなどスペースキーがどーんと真ん中にありますよね。私は気にしませんが、やはりMacを使うのにPCキーボードって、という人も居るでしょう。マイキーボードを使うことにしてもOSごとに環境を整えないといけない。私は家ではLinux Mint、会社ではMacとWindowsを使っています。全部の環境で同じような操作性にするのは大変そうです。OSのアップデートで入力のカスタマイズアプリが未対応だったりすると親指シフトそのものがしばらく出来なくなったり。

「残念配列」にすることでキーボードやOSの違いによるストレスから開放されます。それと本来同じ側の親指シフトで入力すべき文字がクロス打鍵で入力出来て、これが意外と楽です。

「○○、親指シフト止めるってよ」という人がいたら最後の手段として教えてあげてもらえると嬉しいです。しかし、残念配列より先に「親指シフトorzレイアウト」のほうが適当かもしれません。公式サイトは、orzレイアウト | JIS日本語キーボードでも親指シフトを楽チンにorz )です。

以上、世界で私唯一人しか使っているものの居ない「親指シフト残念配列」の話でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です